必要なタンパク質の量


キャットフードで最も大切なのが、タンパク質の量や割合です。猫はどれぐらいのタンパク質が必要になるのかというと、26パーセント以上は摂取しないといけないと言われています。そのため、タンパク質の割合は4分の1以上含まれていることが重要です。もちろん多ければよいというわけではありませんが、人間に比べると、多少多く摂取しても問題はありません。

ただし、あまりたくさんの量を与えてしまうと、猫も肥満体型になってしまいます。よくテレビで太った猫の特集などが行われていることもあります。これは明らかに過剰な餌やりが原因だと言えるでしょう。キャットフードに含まれている栄養配分としては、タンパク質の量は多くてかまいません。ただし、与える量が多すぎるのは大問題ですし、猫の健康を害してしまうこともあるのです。

最近はタンパク質の量が少なめで、炭水化物の量が多めのペットフードもあります。このような種類のペットフードの場合、与え過ぎはより肥満の原因となるでしょう。まずはタンパク質の量が26パーセント以上、そして高タンパクの餌を与えるということが重要です。もしたんぱく質の量が少ないキャットフードを使う場合には、生肉や生魚などを混ぜて与えてあげることで、タンパク質の量を増やせます。

おすすめサイト!https://www.jaguarcatfood.jp/cart
・動物性タンパク質80%以上のプレミアムキャットフード【THE JAGUAR】のサイトです。

Published by 管理人