必要なタンパク質の量


キャットフードで最も大切なのが、タンパク質の量や割合です。猫はどれぐらいのタンパク質が必要になるのかというと、26パーセント以上は摂取しないといけないと言われています。そのため、タンパク質の割合は4分の1以上含まれていることが重要です。もちろん多ければよいというわけではありませんが、人間に比べると、多少多く摂取しても問題はありません。

ただし、あまりたくさんの量を与えてしまうと、猫も肥満体型になってしまいます。よくテレビで太った猫の特集などが行われていることもあります。これは明らかに過剰な餌やりが原因だと言えるでしょう。キャットフードに含まれている栄養配分としては、タンパク質の量は多くてかまいません。ただし、与える量が多すぎるのは大問題ですし、猫の健康を害してしまうこともあるのです。

最近はタンパク質の量が少なめで、炭水化物の量が多めのペットフードもあります。このような種類のペットフードの場合、与え過ぎはより肥満の原因となるでしょう。まずはタンパク質の量が26パーセント以上、そして高タンパクの餌を与えるということが重要です。もしたんぱく質の量が少ないキャットフードを使う場合には、生肉や生魚などを混ぜて与えてあげることで、タンパク質の量を増やせます。

おすすめサイト!https://www.jaguarcatfood.jp/cart
・動物性タンパク質80%以上のプレミアムキャットフード【THE JAGUAR】のサイトです。

猫に適切な餌


猫を健康的に育てたいと考えているのであれば、ペットフード選びというのはかなり重要です。そこでキャットフードの選び方を紹介させていただきます。まず添加物はできる限り使用されていないことが重要です。特にBHAやBHT、エトキシキンなどはよくペットフードに使用されているので注意しましょう。次に水分量が多くて新鮮なキャットフードを与えましょう。

猫は新鮮な食材を好む傾向にあります。また、水分補給をするのがあまり得意ではなく、長い時間水を飲んでいるようでも、あまり補給できていないことが多いのです。そのため、キャットフードである程度水分補給ができる方が望ましいでしょう。ミネラルやビタミンは必要ではないのですが、含まれていても問題はありません。最近は泌尿器系疾患の予防になるのではと言われています。

そして最も重要なのが、必須アミノ酸をしっかりと含んでいることです。必須アミノ酸というのは、猫の体内で生成できない良質なタンパク質のことです。キャットフードを購入する上で、タンパク質の量や種類が最も重要だと言っても過言ではありません。さらに新鮮さを保つために、小さめの物を少量購入するようにしましょう。これだけ守っていれば、猫も健康に成長してくれる確率が高くなります。

猫のペットフード選び


最近は猫を飼う人もかなり増えているのですが、やはり猫の場合でも食事がとても重要になります。そこで猫を飼っている人は、まずキャットフードの選び方を知らなければいけません。ペットフードの数はたくさんあるので、どのような種類があるのか、どういった種類がふさわしいのかを知っておくべきでしょう。まずはどの種類のペットフードを購入するときでも言えることなのですが、添加物はできる限り少ない、もしくは使用していない種類を選びましょう。

猫も添加物をたくさん摂取すれば、体に悪影響が出てしまう可能性もあるのです。次に栄養配分なのですが、猫も犬と同様に肉食の生き物です。よって植物性の栄養分は本来必要としていません。逆に動物性の成分がしっかり含まれていないと、体調を管理するのが難しくなるでしょう。そんな中でも特に重要視する栄養素がタンパク質です。また、脂肪分もできる限り多い方がよいでしょう。逆にビタミンやミネラルは含まれていなくても問題ありません。

キャットフードの多くは、あまりビタミンやミネラルは含まれていないので安心です。炭水化物もできる限り少ない方がよいのですが、最近は炭水化物が多いペットフードも売られているので、購入するときには十分注意しましょう。また、動物性の物でも、できる限り水分をしっかりと含んでいる餌が適切です。当サイトではペットフードの中でも、猫の餌であるキャットフードに注目しているので、猫を飼っているという人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。